戒名彫刻

HOME > 部分修理 > 戒名彫刻

お墓に文字を彫刻する

~忘れてませんか?戒名の彫刻~

 
 
江戸時代のお墓を見るといまだにこのお墓にはだれが眠っているのか、いつ亡くなったのかが確認できます。長い期間残しておきたいと考えると書いても消えてしまう木材より、硬く堅固な石材にこそ彫刻に適しています。弊社では一般的で安価なサンドブラスト彫刻(現地出張作業可能)と手彫り(自社施工)ができます。
 

薬研彫り

薬研彫刻技法例

大切なお戒名は見やすく

 
お墓に埋葬される仏様の記録は墓石または墓誌に彫刻します。誰もが見やすい様に文字の大きさや位置、サイズなどを綿密に計算をして彫刻を行います。過去の戒名があれば同じような大きさや間隔にそろえて彫刻することが大切です。弊社の彫刻文字は書家の文字、パソコンフォントが選択できます。

彫刻文字案

彫刻文字案

実際に彫刻されたもの

実際に彫刻されたもの

 

事例紹介

 

参考価格  ¥40,000~

(戒名1霊)
 
墓地がある現場の状況により2つの作業方法があります。

  1. 墓石や墓誌を取り外して弊社の作業場で彫刻
  2. 墓地現地に機材を運びこんでの彫刻

※現地の状況を調査後にお見積もりいたします
※古い墓石への彫刻は施工できない場合があります

お墓の文字を修正する

~彫刻文字の修正~

  
すでに彫刻された戒名彫刻、家紋彫刻等の文字彫刻は彫刻された箇所の全面を研磨することで消すことが可能です。但し、石碑の正面文字については棹石の形状により研磨することで形状がアンバランスになることもあるので注意が必要です。

事例紹介

 

参考価格  ¥200,000~(切削工法)

墓石等を取り外して工場で切削・再研磨作業後に再彫刻いたします。施工場所により価格が変わりますので現場調査をご依頼下さい。

文字・家紋消し

彫刻されたところを消すことができます。

研磨用道具

墓石等を取り外して工場で切削・再研磨作業後に再彫刻いたします。施工場所により価格が変わりますので現場調査をご依頼下さい。

家紋例

新しく彫刻した家紋の例です。

家名変更プレート工法

 

事例紹介

 

参考価格  ¥140,000~

(プレート工法)
 
急こう配や階段が多い墓地では墓石を外して運搬する費用が高くなります。プレート工法では既存の墓石を外さずに家名を変更することが可能です。

お墓の文字のペイントを修正する

~ペイントは劣化します~

  
家紋や彫刻文字を見やすくするために白いペンキを塗ることがあります。このペンキは年月が経つと劣化によりはがれてくることがあります。ペイントした箇所に上塗りを重ねると仕上がりが悪いので、一度はがれたペンキはなるべくきれいにはがして、再ペイントする必要があります。
 

事例紹介

 

参考価格  ¥6,000~

既に塗装されたペンキを落としてから家紋や戒名、家名の彫刻部分にペンキを塗りなおします。
※古い墓石や既に塗装された塗料の状態により施工できない場合があります。

塗料はがし

丁寧に古い塗料をはがします。

塗料吹付

新しい塗料で塗装します。

施工例

case 1

風化でペンキが薄くなって剥離箇所があり、古いペイントは剥がしてから再塗装をしました。


BEFORE

AFTER