お墓の全体修理リフォーム

HOME > お墓の全体修理リフォーム

古くなったお墓、誰に相談したらいいのか…

~ 信頼できる石材店との出会いが大切です ~

 
 
お墓の修理リフォームは、問題点とその原因に応じてどんな改修が可能なのか、またその費用はどの程度なのか、まったく見当がつかないという方がほとんどだと思います。
 
お墓は後世へ受け継がれ長く守られていくもので、長持ちするように石で作られていることがほとんどです。丈夫な石で作られていても何十年も雨風にさらされているため、どうしても劣化してしまいます。

こんな時は、専門家への相談をオススメします

 
古い墓石とボロボロと割れてきた外柵など、お墓全体の老朽化が気になる

 

大谷石やブロックなど古い外柵を新しくしたい

 

墓石の傾きが気になる
お墓修理ビフォーアフター

外柵のリフォームでは多くの場合に基礎工事が伴いますが、その時地盤の状態や隣との境界など細かい調査が必要になります。また、墓石の傾きの原因も、弱い地盤に建てられていることが原因だったり、適切な基礎が作られていない、地震などの外敵要因などさまざまです。
これら多くの検証と適切な判断が必要となるお墓の全面リフォームは、確かな業者を選ぶことが絶対に必要です。
 

まずはお気軽にお問い合わせください。
お墓修理

お墓の全体修理リフォームの流れ

1. 専門家への相談

お墓のリフォームは素人がDIYでやるのはなかなか難しいので、何はともあれ専門家への相談がスタートになります。
漠然とした状況でも大丈夫です。専門家に今のお墓を確認してもらい、状況を判断したうえで相談に乗ってもらうことが重要です。
 

2. お打ち合わせ

まずは一度お会いして想いを伝えてください。私たちからの話しを聞いてください。そして、これからお願いできる相手かどうかご判断ください。
 

3. 現地調査

正確な見積もりとご提案を出させていただくには、現地調査が欠かせません。現在の外柵の状況や基礎の確認はもちろん、墓地へのアプローチ、区画への搬入など見積もりに大きく関係することがいっぱいです。
 

4. ご提案と契約

現地調査のうえで、正確な見積もりとご提案を提出させていただき、ご納得いただけましたらご契約となります。ここで同意いただいきご契約となるまでは一切の費用は生じませんのでご安心ください。※1
※1 状況により費用が発生する際には必ず事前にご確認させていただきます。
 

5. リフォーム開始

石碑の建て替えをする場合は「閉眼供養」という儀式を行うのが一般的です。寺院(霊園)や僧侶との調整も必要となります。
開眼戻しが完了したらいよいよリフォーム工事の開始となります。
 

6. 完成および立ち会い

施工が完了しましたら墓地にてリフォームの状態を立ち会いのもとご確認いただきます。
閉眼供養をしている場合は、お墓のリフォームが完了したら一度抜いた魂やご遺骨を入れる儀式「開眼供養」が必要です。

施工例

case 1

こちらの墓所は、沈み込みもなく丁寧に施工された大谷石製の外柵と白御影石の墓石。墓所の継承などの理由から墓石を建替えるとのこと。これを機にご予算の範囲であれば外柵もリフォームも行いたいとのことでした。

お墓修理ビフォーアフター

BEFORE
お墓修理ビフォーアフター

AFTER

墓所の面積も大きいので、ご予算のこともあり、石材の使用量を抑えたデザインとなりました。こちらの墓所は入口の参道が狭かったので、墓所の入口は圧迫感のある階段ではなく、最小限の高さにしたフロア型外柵をおすすめしました。墓所もさらに広くみえ、お客様もご満足いただけました。墓所入口には手荷物を置ける、物置石を設置しました。

case 2

傾き老朽化した外柵と石碑をリフォームすることになりました。しかし、お施主様の想いにより歴史ある石碑はこのまま使用することとなり外柵のみのリフォームです。

お墓修理ビフォーアフター

BEFORE
お墓修理ビフォーアフター

AFTER

全体的に既存の墓所を踏襲したデザインにしました。お参りがしやすいようにお花立やお線香をあげる香炉はいままでの地面ではなく、墓石に近い位置にいたしました。塔婆立も御影石製になり塔婆が風であおられても心配ありません。将来墓誌を設置できるように、外柵の右側に墓誌を差し込める刻みを加工してあります。

case 3

かなり大きな面積の墓地に大型の墓石が設置された歴史ある墓所。法事を控えリフォームをご希望とのことでした。墓石2基は大変歴史があるものでお施主様のご要望で外柵のみのリフォームとなりました。墓石は一度撤去してしっかりとしたコンクリートで基礎を打ち、ブロックの外柵を御影石に替えます。

お墓修理ビフォーアフター

BEFORE
お墓修理ビフォーアフター

AFTER

こちらの墓地は周囲の墓所がさまざまな面積と高さなので、綿密な設計が必要でした。周囲になじむようなデザインと高さを考慮してこのデザインになりました。一度撤去した墓石も再据付時に耐震ボンドを施工することで以前よりも格段に耐震性が増したお墓になりました。

case 4

生前に墓地のみを準備して、そのときに大谷石の外柵を建てたとのこと。この度の法事に合わせて、墓石を新規に建立されるのを機に外柵とカロートをリフォームされました。


BEFORE

AFTER

周囲の墓所の形状、高さを考慮したデザインをご提案しました。ご予算を第一に考えると、石材を節約して外柵の高さも低くすることになるのですが、一度建てたら早々に建替えることの無いのがお墓です。高さも周囲と引けを足らず立派な墓所になりました。