解体・墓じまい

HOME > 解体・墓じまい

墓じまいとは何か?

~墓じまい急増中~ 

 
今あるお墓を壊して更地にし、ご遺骨を取り出すことを一般的には「墓じまい・お墓じまい」と呼ばれています。
代々続いたお墓のことですから、墓じまいをする際は親族としっかり相談して決めなければなりません。最近では樹木葬や海洋葬などの供養に切り替えるために墓じまいをするという方も増えてきています。

お墓じまい

 

墓じまいが必要となる例

 

高齢になり、遠方にあるご先祖のお墓参りに行けなくなった。

 

子どもが遠方で暮らしており、後々の負担になると思われる。

 

子どもが全員嫁いでいるなどの理由で後継者がおらずお墓を維持できない。

 

お墓はもう必要なくなったからやめたい。

Q
墓じまいを考えています。墓じまいに必要な金額やこれから必要となるものなどが知りたいです。

A
弊社では墓じまいを考えている方やお墓にまつわるお悩みをお持ちの方のための相談センターを開設しております。
墓じまいに関しまして、お墓やそのご家族などのお墓を取り巻く環境がそれぞれ異なります。施主様ごとに最善の策を模索することが何より必要となりますのでまずは一度ご相談ください。
 
お墓相談センターはこちらから

Q
墓じまいすることにしました。まず何から手を付けるべきでしょうか?

A
墓じまいにはまず「現在の墓地管理者に返還の意思を伝える」ということが必要になります。多くの場合、墓地の管理者はお寺か霊園になると思います。お寺の住職や霊園の管理者に話をしたら、どのように墓地を返還するか決めることになります。
改葬手続きのページにてご説明いたします。
 
改葬手続きのページ